わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ゆりかごに聞く/まさき としか【レビュー】

★★★★

終始重い。

子を次々産むだけの女、産みはしたが可愛いと思えず虐待する母親、妻の不貞の子だと思い込み、子を愛せない父親、金儲けの為に赤ん坊を物として扱い、売買する大人、癖のある登場人物が勢揃いだ。

様々な要因や環境で、お腹を痛めて産んだ我が子を愛せない親だっているだろう。

しかしこれは酷すぎる。

最近頻繁に見かける児童虐待のニュースだが、ひとつの命を生み出す前に覚悟や責任を持って欲しい。

救いは血縁がなくとも子供を愛した親の存在だけだった。

殺人事件の真相を追うミステリーだが、ラスト1ページでのどんでん返しに衝撃が走る。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)