わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ぼくのメジャースプーン/辻村 深月【レビュー】

★★★★

小学校で飼育していたウサギが殺されるというショッキングな事件が発端となり物語は展開して行く。

主人公は不思議な力を持つ小学4年生の「ぼく」。

無惨な死体を目撃しショックのあまり登校拒否になり心を閉ざしてしまった幼なじみ・ふみちゃんの為に「ぼく」は復讐を考える。

「不思議な力」その物は有りえない設定なのだが、人を罰すると言う事、復讐の是非について問題提議されている。

「ぼく」が出した結論は、あまりにも甘くて浅はかな物だったがそこには真っ直ぐな愛情が存在していた。

「ぼく」が考え抜いた7日間はきっと未来への財産となる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)