わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

幻の彼女/酒本 歩【レビュー】

★★★

ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作品。

主人公はドッグシッターの真木島風太。

元カノ・遠山美咲の喪中ハガキが届く所から物語は始まる。
そしてそのタイミングで以前交際していた本橋蘭、林エミリの消息不明も明らかになる。

タイトルからファンタジー的なストーリーを想像していたが、後半では、それまでのほのぼのとした空気から一変、近未来的なものに変化して行く。

生殖医療センターで行われていた不妊治療を超える遺伝子操作。

予想もしなかった風太の彼女達の秘密が明らかになった時、驚きと切なさを感じた。

リーダビリティが高く一気読み。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)