わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

たそがれてゆく子さん/伊藤 比呂美【レビュー】

★★★

育児エッセイ「良いおっぱい悪いおっぱい」で有名な伊藤 比呂美さんも63歳。
時の流れの速さにただただ驚かされます。

本作には55のエッセイが収録されています。
両親と夫を見送り、娘さん達はそれぞれ独立し一人になった伊藤さん
文中からは優しさ、温かさ、切なさ、寂しさ、空しさ、等
様々な感情が伝わって来ます。

老いへのカウントダウンさえありのまま自然体で語る様子には潔さの様な物まで感じます。
末っ子であるトメちゃんのお話し「トメの結婚」はお人柄が良く出ていてうるうるさせられました。

たそがれながらも前向きな伊藤さんに少しの元気と勇気を貰える1冊。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)