わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

アタラクシア/金原 ひとみ【レビュー】

★★★★★

どこかロックテイストを感じる文体に苦手意識があった金原作品だったが本作にはやられた。

恋愛・結婚・不倫をテーマにした作品は巷に溢れているがヒリヒリ感が群を抜いている。

他人にほぼ無関心、自分の本能のまま不倫をしながら結婚生活を続ける由依。

不倫を繰り返す夫を持ち、夫、息子、自分の母親すら死ねば良いと考える飢餓感の塊のような英美。

由依に執着しながらも歪んだ行動を起こす夫の桂。

不倫する事で歪な家族関係を保つ真奈美。

パパ活をし自堕落な生活を送る枝里。

登場人物達の表と裏の顔がエグイくらい描かれ、迎えた最終章で戦慄が走る。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)