わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

小泉放談/小泉 今日子【レビュー】

★★★★

2016年2月に50歳の節目を迎えた小泉今日子さんが、一足先に50歳を迎えた25名のゲストと本音で語り合った対談集。

ゲストの顔ぶれが豪華です。
漫画家のいくえみ綾、槇村さとる、芸能界から樹木希林、美輪明宏、他の方々もそうそうたる顔ぶれで、それでいながらキョンキョンの聞く力で繊細な部分まで引き出されていて親しみも覚えます。

50代以降に感じる心の問題、身体の不調、そしてキョンキョンもゲストの方々も確実に「死」を意識しておられ、思い悩んでいるのは自分だけじゃない事に安心したり、勇気づけられたり、元気を貰えたりします。

文末の書き下ろしエッセイではキョンキョンのお姉さんが56歳の若さで死去された事についても触れられています。
悲しいのだけれど、死とも真摯に向き合っておられて潔さの様な物を感じました。
自分に与えられた時間は無限ではありません。

書き下ろしのラストに書かれた事を意識して生活して行きたいと思えた1冊。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)