わたしは栞を挟まない|よつばの読書ブログ

ハヤブサ消防団/池井戸 潤【レビュー】

★★★

主人公は東京から亡き父の故郷である岐阜の「ハヤブサ地区」に移住したミステリ作家の三馬太郎。
小説を書く傍ら、二階のデッキから夜空の星を見上げたり悠々自適な生活を送り始めた。

ところがどっこい、太郎を待っていたのは田舎暮らし特有のお付き合い。

地元の人の誘いで消防団に入ったり(面倒臭そうだったがすぐ馴染んでいる)。
飲み会に誘われたり(毎回楽しそう)。

しかしそんな所に放火事件が続出。
三馬太郎のミステリ作家ならではの好奇心と推理で真相を突き止めていく。

太郎V連続放火犯の行方はいかに。

宗教団体を絡めた二転三転ミステリ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)