わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

夏の裁断/島本 理生【レビュー】

★★★

『文學界』掲載を単行本化した島本 理生さんの作品です。
芥川賞ノミネート作品
ページ数が少なくすぐに読み終えました。

過去に性的な傷を抱えた女性作家、萱野千紘(かやのちひろ)
その前にあらわれた悪魔の様な編集者・柴田との物語です。

不安定で危うい精神を持つ主人公の千紘となんとも掴みどころがない嫌な男、柴田のやり取りがずっと重苦しく終始どんよりした気持ちにさせられました。

主人公にも柴田にもなんら共感する所がなく感情移入出来ないまま読み進めていましたが途中時系列がわからなくなった箇所もあり、少ないページ数の割には難しさを感じました。

最近欠かさず読んでいる島本 理生さんの独特な世界観が好きで惹き込まれていますがこの作品には物足りなさを感じてしまいました。

何度も読み返せば又感想が変化して行くのかな?と思う作品。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)