わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

言い訳だらけの人生/平 安寿子【レビュー】

★★

1 男は現実が苦手だ
2 男は説明するのを好まない
3 男の主食は「憧れ」である
4 男はバカと呼ばれたい
5 男はモテれば幸せになる、とは限らない
6 男は「大人向き」にできてない
7 男は夢の中で目覚めるのだ
以上7編が収録された連作短編集です。

タイトルで面白そうと興味を惹かれ手に取りましたがいささかイメージしていた内容とは異なりました。
今回は平さんには珍しい男性主人公で50歳を目前にした幼馴染の男性3人が中心となり物語が展開して行きます。

「タッチ」の浅倉南と「うる星やつら」のラムちゃんのどっちが好きか?くらいは理解出来ても頻繁に登場する「ガンダム」についての知識がないので殆ど理解不能のまま読了しました。

登場人物に近い世代で「ガンダム」好きの方には楽しめそうですが、ガンダムを良く知らない方には物足りないかも知れません。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)