わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

それは秘密の/乃南 アサ【レビュー】

★★★

期待して手に取った乃南アサさんの短編集でしたが物足りなさが残りました。

1ハズバンズ 2 ピンポン  3僕が受験に成功したわけ

4 内緒 5アンバランス 6 早朝の散歩  7キープ

8 三年目  9それは秘密の

これら9編が収録されています。

唯一、心に残った作品はタイトルの「それは秘密の」です。
過去にないシチュエーションで読みながら情景が目に浮かび、秘密を共有している様な錯覚に陥ります。

ただ、好きな作家さんで過去の全作品を読んでいますが、この短編集に至っては作者の持ち味のキレの良さやぐいぐい読み手を引きつける魅力に欠けて淡々とした印象が残りました。

ショートショートな短編もあり、悪い作品ではないけれどどこか寄せ集めた感が否めませんでした。

期待が大きかっただけに物足りなさが残りました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)