わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

太陽はひとりぼっち/鈴木 るりか【レビュー】

★★★★

『さよなら、田中さん』の続編。

「太陽はひとりぼっち」「神様ヘルプ」「オーマイブラザー」の3話収録。

中学生となった田中花実の前に続々現れる人達。

ある日は見知らぬビジネスマン、また別日には痩せた老婆、前作で毒親の母親から山梨にある全寮制のカトリックスクールに送られた三上君、そして今回初登場の友人・佐知子。

随所にユーモアを織り交ぜながらも、登場人物達が抱える苦悩と闇の部分が描かれている。

本作では引き籠りの賢人や花実のお母さんの秘密を知りホロリと来る場面も。

佐知子の未来が明るいものであります様にと願いながら読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)