わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

わたしの忘れ物/乾 ルカ【レビュー】

★★★

「妻の忘れ物」「兄の忘れ物」「家族の忘れ物」
「友の忘れ物」「彼女の忘れ物」「私の忘れ物」「エピローグ」
6話収録の連作短編集

主人公はH大学3年生の中辻恵麻。
影が薄く地味で目立たない人物です。
そんな彼女が大型複合商業施設の忘れ物センターでアルバイトをすることになり…。
主人公の成長物語だろうと想像しながら読み進めると、途中いくつかの引っ掛かりを覚えてしまいます。

乾 ルカさん初読みだったので、その結末には驚かされました。

6つの忘れ物のエピソードを通して恵麻の過ごした49日間を想い、切なく温かい気持ちになれた作品。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)